【中学3年生】模擬試験での時間配分(英語) | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

【中学3年生】模擬試験での時間配分(英語)

2020.9.8

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 
先日、国語、数学について書きましたので、

今日は英語についてお話をしていきたいと思います。

 

問題の構成は例年以下のような構成です。

試験時間は、50分です。

大問1.リスニング

大問2.長文2題、メール内容把握、メール返信(英作文)

大問3.長文

大問4.長文

 

大問1は、リスニングです。

リスニングの回答時間は、10分強です。

これは受験者全員、誰が解いても10分強かかるという

全科目を通じてもリスニングだけの特徴です。

<目標10分強>

 

大問2はまずは長文の穴埋め問題が1題ずつ計2題。

さらには長文の内容を踏まえたメールの内容把握が1題

さらにはメールの返信をするにあたっての英作文です。

リスニングは全員10分強かかるので、

残りは40分弱です。

それで大問を3題とかないといけないので

大問1題につき12~13分といったところです。

ですので、大問2は13分程度で収めたいところです。

ここでは英作文が最大のポイントでしょう。

メールの返信として3文書くというものになります。

1文4点と配点もかなり大きいです。

何も面白い文章や、立派な文章を書く必要はありません。

文法をしっかり守り、正しい文章を書きましょう。

単語のスペルミスやピリオドなども含めて、

誤りのない文章を書く必要があります。

<目標13分程度>

 

大問3は長文の問題です。

対話文が出されることが多いように思います。

誰がどういう発言をしているのかを整理して読む必要があります。

しかし、大問3よりも大問4の方が時間がかかると思いますので、

大問3は10分程度に収めたいところです。

<目標10分程度>

 

大問4は長文の問題です。

学校の部活や日常の出来事など、身近な題材が出題されることが多いように思います。

時間は大問3よりもかかると思います。

その理由として、(2)で時系列に並び変える問題が出題されるので、

全体を読んでいかないといけないためです。

設問も一番多いです。

問1、2は全員に解いて欲しいです。

順番に進めていけば、残り時間全てを投入することになります。

13分程度は残っていると安心ではないでしょうか。

<目標13分程度>

 

問題が解き終わったら、名前、受験番号、マークミスがないかの

確認をしっかり行うようにしましょう。

これは毎回行い、癖をつけるようにしましょう。

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧