国語の問題の解き方 | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

国語の問題の解き方

2020.2.4
板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

都立高校の入試は2/21に行われますが、

TOCOでは2/2に「高校入試直前講習」を行いました。

午前中は問題を解いてもらい、午後に解説という形でしたが、

私は国語の解説を行いましたので、少し紹介をしたいと思います。

 

国語という科目。

なんとなくで解いていませんか?

 

ではどのように解くかです。

 

小説の問題では、問題文中に傍線が引かれて、

傍線部①の人物の気持ちをア~エから選びなさい。

のような問題が出題されますよね。

ここで少し考えてみてください。

国語の文章は小説や論文などの1部分だけが抽出されて

出題されますよね。実際に書いた人がいるわけです。

しかし出題者は実際に書いた人ではないですよね。

出題者は、著者に「この時のこの人物の気持ちは○○ですよね?」

などと聞いて出題すると思いますか?

そんなはずないですよね。

(公平性の観点から、テストの問題に使用することは、
著者の許諾を得なくても使用するこができるそうです)

ということはどういうことなのでしょうか?

答えは簡単です。「文章に書いてある」のです。

文章中に書かれている表現から、

出題者が判断しているということです。

つまり、国語の問題を解くためには、

文章の中から答えとなる

「根拠」を探すという作業をするだけです。

例えば、以下のような問題があったとします。

「この問題」とあるが、その内容として適切なものを次のア~エから選びなさい。

根拠を探していきます。

「この」とあるので、該当部分よりも前に問題となるものが述べられていて、

それを「この」というように代名詞に置き換えていると考えられます。

なので該当部分から前の部分を見ていって、問題提起されている部分を

見つけ出してあげればよいわけです。

 

簡単でしょう?

 

高校入試の問題は、このような作業でほぼ解くことができます。

 

国語は、英単語や社会の用語を覚えるといった暗記ということにおいては、

漢字や言葉の意味を除いてあまり必要としません。

解き方がわからなくて、点数が取れていないという生徒も

解き方さえわかれば、入試直前でも点数を伸ばすことができます。

もちろん1年生、2年生の皆さんは、今から解き方をマスターして、

国語を得意科目にしてしまいましょう。

 

国語は入試でも1番最初に行われる科目です。

ここで波に乗れれば、他の科目も気分よく受験できるはずです。

 

次回は作文について書いていきたいと思います。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧