地名の名前の由来(高島平) | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

地名の名前の由来(高島平)

2020.10.22

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

赤塚駅前校からほど近いところに、高島平という地域があります。

1970年頃に大規模な団地ができ、

同じ頃に地名を高島平と改めました。

これは、江戸時代の砲術家であった、

高島秋帆にちなんだ名前です。

 

高島秋帆は、アヘン戦争後に、砲術の近代化を訴えた人です。

アヘン戦争で、中国(清)がイギリスに敗れたことは、

幕府に大きな影響を与えました。

幕府にとって、清は大きな国でした。

その清がイギリスに敗れたと聞いた幕府は、

きっとこのように考えたのではないでしょうか。

「イギリスの次の標的は、日本だ」

 

砲術家であった高島秋帆は、日本砲術と、西洋砲術の差を知って

大きな衝撃を受けたそうです。

そのため、砲術の近代化を考えたのです。

そこで長崎の出島にてオランダ人から砲術を学び、

高島流砲術を完成させました。

 

江戸時代の高島平は幕府の天領(直轄地)でした。

高島秋帆は高島平において、日本初の様式砲術の公開演習を行ったのです。

このことから現在の高島平として、地名に名前を残したのです。

 

地名の起源を調べて見ると非常に面白いです。

渋谷や茗荷谷など谷とつく地名は、地形的に周りと比べて

低い土地になっています。

渋谷であれば、道玄坂や宮益坂など渋谷駅からほど近いところに

いくつも坂がありますね。

このことからも渋谷は、低い土地であることがわかりますね。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧