検定試験のススメ(高校生向け) | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

検定試験のススメ(高校生向け)

2020.10.27

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

検定試験のススメとして、中学生向けにお話ししましたので、

今回は高校生向けにお話ししたいと思います。

中学生向けの検定としては、英検、漢検、数検とありましたが、

高校生向けの検定は、英語に関する検定試験が最も有効です。

さらには、英検以外に英語の能力を計測する検定も多くあります。

 

赤塚駅前校でも、中学生、高校生あわせて、半分以上の生徒が

2学期に英検を受験しています。

英検の受験者増加には、学校の指導も大きいと思います。

学校が英検受験を進めている背景としては、

大学の独自入試でも外部検定試験を取り入れる

大学が増えてきていることが大きいと思います。

また、導入が見送られたものの成績提供システムにおける、

大学受験におけるスコア提出制度も近い将来始まってきます。

 

立教大学では、2020年度入試から、文学部の独自入試を除いて

英語の独自試験を行わないなど入試制度が大きく変わりました。

これにより、文学部以外の学部は、統一入試のみとなりました。

来年以降、他の大学でも同様の変更を行う大学が増加する可能性があります。

 

受験生にとっては、このような変化に対応しなくてはなりません。

立教大学の入試の場合は、英語は共通テスト、もしくは決められた外部検定試験の

スコアを入試の英語の点数に換算されます。

もちろん、共通テストを受験すれば、英語のスコアを出すことができますが、

やはり1発勝負は怖いものです。

事前にスコアを出すことのできる試験を受けて、スコアを確保したいところです。

 

英検はスコアを出すのに最も有名な試験になるので、

TOCOでも受験を推奨しています。

以前と違って、S-CBT試験ならば毎週試験を開催しています。

 

AO入試などの推薦入試を目指している学生も多いと思います。

推薦入試でも英検2級の合格を出願の条件にしている場合もあります。

このように、高校生にとっても検定試験を受験するメリットは大いにあります。

検定試験を受験することで、目標もできますので、勉強もしやすくなります。

もちろん検定試験に向けた勉強は、受験にとっても有効な勉強です。

高校生の皆さんにも、積極的に英検を受験してほしいと思います。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧