都立入試の傾向(社会・歴史) | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

都立入試の傾向(社会・歴史)

2020.9.29

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

先日は地理についてお話をしましたので、今回は歴史です。

歴史の問題としては、時代に関しては、頻出というものは

あまりなさそうに思います。古代から戦後まで幅広く出題されます。

 

それではどのように出題されるのかです。

以下に出題の形式をあげてみました。

1.歴史的出来事の発生場所を地図上で選択する

2.年表による出題

3.テーマ史

 

1.歴史的出来事の発生場所を地図上で選択する

歴史の問題でも地図が表示されていて、歴史的出来事の発生した場所を

選択する問題が頻出です。

例えば鉄砲伝来について、地図上から種子島を選択させたり、

戦いや乱の起こった場所を地図上から選択するといった出題がされています。

また、歴史的な出来事が説明として出題され、

世界地図上からその国を選択するといった、

地理との融合問題も出題されています。

歴史の勉強を行うにも、発生した場所については地図で確認が必要です。

 

2.年表による出題

年表が出題され、ある事象がどの出来事と出来事の間で

発生したかを問う問題です。

歴史的出来事は、その出来事について知っていても得点がとれません。

何時代におこり、その出来事が起こったことで、

この出来事がおこったというように、大まかな時代と流れを抑えてください。

この年表の問題は、そんなに細かい知識が問われているわけではありません。

この出来事が起こったのは、室町時代前半や、14世紀半ばといったように覚えておけばよいのです。

 

3.テーマ史

テーマ史としましたが、特定のモノについてそんなに数多くの問題が

出題されるわけではありません。

特定のモノについて、各時代の説明がされて、

どれが正しい説明かを選択するような問題や、

鎌倉時代の説明はを選択するといった問題が出題されています。

この手の問題にも、年表の問題と同じく、

この制度は奈良時代の制度、この書物は平安時代の成立といったように

大まかな時代を覚えておけば正解できる問題です。

対策は、年表の問題と同じ対策でも問題ないでしょう。

 

地理、歴史と書いてきましたが、過去問を解くことは重要ですね。

すでに出題されたことのある形式の問題が繰り返し出題されるので、

事前に確認しておけば、入試当日に焦ることはないと思います。

12月から始まる冬期講習では、過去問をしっかりと行いたいと思います。

一緒に対策して、入試を迎えましょう。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧