had to と should have p.p. | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

had to と should have p.p.

2018.5.31

昨日、高校3年生が理解していないことがありました。「had to 」と 「should have p.p. の違い」です。

「had to」は「~しなければならなかった」という意味。他方、「should have p.p.」は「~すべきだった」という意味ですね。

日本語にすると違わないようにみえますが、実際に「した」か「しなかった」かで意味が異なります。「had to」は義務に基づいて実際に「した」のに対して、「should have p.p.」は「やっとけばよかった」という表現で、実際に「してはいない」のです。

では、「must have p.p.」はどのような意味でしょうか。昨日はこれを宿題にしました。奥が深いですね~。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです。赤塚駅前校: 田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中 北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中 都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校 0120-88-5805(通話料無料・携帯可) (東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧