英単語帳の選び方1 | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

英単語帳の選び方1

2018.11.26
Category - 国立塾ブログ

皆さんこんにちは。

国立校の槌屋です。

 

今回から三回にわたって、

高校生向けの英単語帳の選び方について書いていきたいと思います。

 

皆さんはどのような英単語帳を普段使っているでしょうか。

旺文社から出版されている『ターゲット1900』でしょうか。

Z会の『速読英単語』でしょうか。それともICPの『DUO 3.0』でしょうか。

上に挙げた単語帳はどれも非常に素晴らしいものです。

しかし、それぞれの単語帳にはメリットとデメリットが存在します。

それぞれの単語帳のメリットとデメリットを知った上で、

自分に合う単語帳を選ぶことが重要です。

一回目の今回はターゲット1900についてその特徴を書いていきます。

 

・ターゲット1900

ターゲット1900は一問一答形式になっています。

ページを開くと、ページの左側に単語とその単語の意味が書かれていて、

右側のページには例文が掲載されています。

非常にシンプルなつくりになっていて、癖のない単語帳と言えると思います。

1ページにつき7~9単語載っています。

一日1ページ、もしくは一日2ページなど、

自分でペースを決めてコツコツと勉強をしていける生徒さん向けだと言えます。

半面、デメリットとして、例文一つ一つがとても短いことが挙げられます。

「長文の中で単語を覚えていきたい」という生徒さんには不向きです。

 

似ている他の参考書『単語王2202』(オー・メソッド出版)など

 

今回はここまでにします。

次回は『速読英単語』を紹介致します。

 

 

 

 

○●————————————————————-●○
次の中学校のテスト対策に強いです
国分寺一中、国分寺二中、国分寺三中、国分寺四中、国分寺五中
国立一中、国立二中、国立三中
桐朋中学など
今すぐ、お電話を!
個別指導学院TOCO国立校
東京都国立市東1-4-28 篠崎ビル301 / JR中央線国立駅南口徒歩1分
TEL:042-505-6059
○●————————————————————-●○

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧