赤塚駅前塾ブログ | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

赤塚駅前塾ブログ

国語の問題の解き方

更新日:2020.2.4

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

都立高校の入試は2/21に行われますが、

TOCOでは2/2に「高校入試直前講習」を行いました。

午前中は問題を解いてもらい、午後に解説という形でしたが、

私は国語の解説を行いましたので、少し紹介をしたいと思います。

 

国語という科目。

なんとなくで解いていませんか?

 

ではどのように解くかです。

 

小説の問題では、問題文中に傍線が引かれて、

傍線部①の人物の気持ちをア~エから選びなさい。

のような問題が出題されますよね。

ここで少し考えてみてください。

国語の文章は小説や論文などの1部分だけが抽出されて

出題されますよね。実際に書いた人がいるわけです。

しかし出題者は実際に書いた人ではないですよね。

出題者は、著者に「この時のこの人物の気持ちは○○ですよね?」

などと聞いて出題すると思いますか?

そんなはずないですよね。

(公平性の観点から、テストの問題に使用することは、
著者の許諾を得なくても使用するこができるそうです)

ということはどういうことなのでしょうか?

答えは簡単です。「文章に書いてある」のです。

文章中に書かれている表現から、

出題者が判断しているということです。

つまり、国語の問題を解くためには、

文章の中から答えとなる

「根拠」を探すという作業をするだけです。

例えば、以下のような問題があったとします。

「この問題」とあるが、その内容として適切なものを次のア~エから選びなさい。

根拠を探していきます。

「この」とあるので、該当部分よりも前に問題となるものが述べられていて、

それを「この」というように代名詞に置き換えていると考えられます。

なので該当部分から前の部分を見ていって、問題提起されている部分を

見つけ出してあげればよいわけです。

 

簡単でしょう?

 

高校入試の問題は、このような作業でほぼ解くことができます。

 

国語は、英単語や社会の用語を覚えるといった暗記ということにおいては、

漢字や言葉の意味を除いてあまり必要としません。

解き方がわからなくて、点数が取れていないという生徒も

解き方さえわかれば、入試直前でも点数を伸ばすことができます。

もちろん1年生、2年生の皆さんは、今から解き方をマスターして、

国語を得意科目にしてしまいましょう。

 

国語は入試でも1番最初に行われる科目です。

ここで波に乗れれば、他の科目も気分よく受験できるはずです。

 

次回は作文について書いていきたいと思います。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

雪が少ない理由

更新日:

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。
 

今日は広い範囲で雪になりました。
今年は暖冬で、記録的な雪の少なさと言われていますね。
 

田柄中学の2年生はスキー教室で長野に行っていますね。
 

多くのスキー場でも雪不足で人工雪を使用しているようですが、
 

この雪で少しは改善されたかもしれませんね。
 

札幌でも1月に積雪が10㎝未満だそうで、

これはなんと40年ぶりのことなのだそうですよ。

 

ではなんで今年はこんなに雪が少ないのでしょうか?

 

日本の冬の特徴として、ユーラシア大陸の方向から

北西の冷たく、乾いた風が吹いてきますね。

(北極の方から吹いてくるから冷たい風が吹きます)

 

その風が日本海上で水分を含んで日本にやってきます。

 

この風が日本の中央部の山脈にぶつかり、

日本海側に雪を降らせるので、日本海側で雪が多い理由です。

しかし今年はこの寒気団が十分に南下してきていなくて、

日本への影響力が弱い状態になってしまってます。

 

なぜ例年に比べて寒気団が南下してこないかは、

・北極圏の気温が高いこと

・日本付近で偏西風が蛇行して吹いているため、

寒気団が南下してこられない

などの理由があるそうです。

 

寒気団が南下してこないので、太平洋の暖気が

例年に比べて北上してきているそうです。

 

そのため今年は暖冬になっているのですね。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

都立入試まであと13か月・・・中学2年生にしてほしいこと

更新日:2020.1.17

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。
都立高校入試まであと1か月ほどになりました。
 

3年生にとっては、本当にラストスパートという
ところになってきていると思います。

ところで2年生にとってはどうでしょうか?

まだ1年もある。
もう1年しかない。

不安でたまらない人もいれば、
まだ受験という気持ちになっていない人も居ると思います。

しかし残り13か月に迫っているのは事実です。

そんな現在の2年生に、今してほしいと思うことが2つあります。

 

1つ目は「高校生になった自分の姿を想像すること」です。

それには志望校を決めることから始まります。

先輩が通っている。

あの高校で部活がやりたい。

あの高校の制服がかわいい。

など理由はなんでもいいと思います。

もちろん、この先に変えることももちろんOKです。

憧れの高校を想像することが大事です。

入学式の日に高校の校門をくぐる姿や、

桜の木の下で写真を撮っている姿を想像してみてください。

 

とにかく高校生になったらこんな楽しいことがある!
 

と高校生の自分を想像することができることが大事です。
 
 

2つ目は「絶対にこれだけはするという最低限のことを決める」ことです。

2年生の皆さんとしては、部活動の存在が大きいと思います。

練習で疲れてしまい、やる気の出ない日もあるでしょう。

それでも1つ決めたことは絶対にするのです。

最初は、実行できる最低限のことから始めましょう。

 

例えば

授業で習ったことは必ずその日に復習する。

問題集を2ページは解く。

机に1時間は向かう。

などなんでもよいと思います。

しかし、必ずすることが大事です。

 

ポイントとしては、今できていることよりも

少しだけハードルを上げてみることです。

上げすぎると続きません。
 

しばらくやってみて、もう少しできそう!

となったらさらに少し上げてみればよいのです。

 

とにかく決めたことを必ずやる。
 

これが大事です。
 

 

これによって勉強する習慣がついてきます。

毎日勉強するということが当たり前になると、

必ず成績は上がりますよ。

 

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

都立受験者が模試を最後まで受けた方がよい3つの理由

更新日:2019.12.17

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCO教育コンシェルジュの竹内です!

 

12月になり、受験まであと数ヶ月というところまで来ました。

この時期になると生徒や保護者の方から、

「1月の模試は受けた方がよいのか」

とよく聞かれますが、私は「必ず受けるように」とお伝えしています。

それには次の理由があるからです。

 

①もっとも本番に近いテストを受けられる

12月の模試までは学校の学習要領に沿った問題が出題されています。

しかし1月の模試では出題範囲が1~3年の全範囲になり、

より本番に近い形の出題になります。

また模試を受ける生徒も、私立単願受験者が抜けて都立受験の生徒だけになるので、

会場の雰囲気も前の回より本番に近くなっています。

 

②出願校の最終判定として使える

1月の模試以降はもう志望校判定を行えるものはありません。

出願後倍率をみて変更することはあると思いますが、

ほとんどの生徒は1月の模試の結果から、出願校を最終決定することになります。

 

③本番までの目標が立てやすくなる

1月の模試の結果をみれば、出願校まで偏差値があとどれくらい必要なのか、

あと何点取る必要があるのか、何点取れば安全なのか、すべてわかります。

そして目標点が決まれば、あと1ヶ月度の教科に力を入れ

何点UPを目指すのか、具体的な対策が立てられます。

 

やはり模試は最後まで受けるべき

本番まであまり時間はなく、打てる手はすべて打っておきたいものです。

1月の模試から得られるものは多いので、私は模試を最後まで受けることを

強くお勧めします。

 

実は・・・・・・

ここまでで1月の模試が志望校判定を出せる最後のチャンスという話をしましたが、

実はTOCOの生徒はもう一度だけ判定を出すチャンスがあります。

それは2月に開催の「直前特訓講座」です。

毎年本番に出るであろう問題を、コンシェルジュ陣が

「当てにいく」テストを作成しています。

直前特訓講座に参加してみたい方は、ぜひご連絡ください。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

以下の学校のテスト対策はおまかせください!

田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中

北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中、都立大泉付属中

 

TOCO赤塚駅前校

0120-88-5805(通話料無料・携帯可)

(東京都練馬区田柄2-50-6)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

新学期・・・ですが中間テスト目前です。

更新日:2019.9.4

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

-新学期・・・ですが中間テスト目前です-

 

夏休みも終わり、新学期が始まりましたね。

充実した夏休みになったでしょうか?

 

新学期になったばっかりですが、

田柄中学の皆さんは2週間後は中間テストですね。

 

しかし残り2週間しかないと焦ってはいけません。

まずは残り2週間で何を行うべきかを考えましょう。

 

しっかり計画を立てられる人はよいのですが、

どう計画を立ててよいかわからない!

という方もいらっしゃるかと思います。

 

そのような方は学校で使っているワークから

出題されると思いますので、

ワークを何ページずつするかといった計画で

よいと思います。

 

 

ポイントは、

ワークはテスト範囲を最低2周すること。

 

 

ワークを1回やって終わりにしてしまっていませんか?

確認の意味も込めて必ず2週は行いましょう。

1,2回目で誤った問題については、

間違えた問題だけ再度行い、解けるようにしておきましょう。

 

その前にまだ休みモードの人は、

まずは生活を休みモードから通常モードへ

戻していかないといけないですね。

 

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧