赤塚駅前塾ブログ | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

赤塚駅前塾ブログ

学年末試験へ向けて~インプットとアウトプット~

更新日:2020.11.27

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

前回は2学期期末テストの反省を活かそうというテーマを書きました。

今回も引き続き、学年末試験へ向けてのことを書いていきたいと思います。

定期テストで点数を取るには、準備が必要です。

準備とは、どのような勉強を行うかです。

 

TOCOではインプットとアウトプットという言葉をよく使います。

インプットとは、授業や自分で勉強して、知識を頭に入れることを指します。

とても重要な作業です。

しかし、テストは、回答用紙に答えを書かないといけませんね。

自分の頭にあることを、取り出すこと

これをアウトプットと読んでいます。

 

東大王という番組に出演している、伊沢拓司氏をご存知でしょうか。

伊沢氏はクイズプレイヤーです。

クイズプレイヤーは、問題文を聞いて、

「わかりそう」と思ったら早押しボタンを押すそうです。

そこから「思い出す」という作業をして、回答をするわけです。

これがアウトプット力です。

クイズプレイヤーは膨大な知識を持っています。

それをわずかな時間で思い出せるか。

この能力がクイズプレイヤーの強さの一つです。

 

つまり、解答用紙に書けないならば、点数を取ることができません。

ならば、解答用紙に書くための練習をする必要があります。

具体的には、教科書を見て覚えるだけでなく、

問題演習をしないと、テストで点数が取りにくくなります。

 

勉強しているのにテストで点数が思ったより取れないなと

感じる生徒がいれば、それはアウトプット不足なのかもしれません。

TOCOでは、土曜日にその週に勉強した内容を復習し、

問題演習に取り組む授業を設けています。

こういった授業を活用して、テストで点数を取るための勉強を

身につけてほしいと思います。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

期末テストの反省を活かそう

更新日:2020.11.26

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

2学期の期末テストが終わり、学年末試験まで少し時間があります。

2学期の期末テストがよくなかった生徒は、

学年末試験でどうすれば、よい点数がとれるのようになるか

考えてみてほしいです。

 

まずは2学期の期末テストの準備について思い出してください。

ワークはいつ終わっていましたか?

ワークで間違えた問題はきちんと解けるようになっていましたか?

英語の単語はしっかりと覚えられていましたか?

社会や理科の用語はきちんと覚えられていましたか?

 

少し振り返ってみて、問題があると思ったところを、

学年末試験には改善できるようにしていきましょう。

TOCOの先生は勉強を教えること以外にも、

このようなフォローをお心掛けて対応しています。

もし、自分で何が悪かったかわからなかった人は、

ぜひとも相談してほしいと思います。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

【中学3年生】受験までに何をするのか

更新日:2020.11.25

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

2学期の期末テストが終わり、テストが返ってきたと思います。

中学3年生は受験に向けて全力投球ですね。

受検まで残り3か月弱です。

さて、残り3か月で何をすればよいでしょうか。

もしわからないという方がいたら、

3か月の間に何をするべきかを、

TOCOの先生に相談するとよいでしょう。

きっと受験までに何をすべきか、一緒に考えてくれますよ。

 

受検までに何をするかは、みんな同じというわけではありません。

あなたにあった計画が必要です。

 

どんなところが弱いのか

受検で何点をとらないといけないのか

得意科目で確実に点数をとるのか

 

いろいろ考えて計画を作っていきます。

ぜひともTOCOの先生に相談してみてください。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

2学期期末テストに向けて

更新日:2020.10.29

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

2学期の期末テストまでもう2~3週間というところだと思います。

中学3年生にとっては、非常に大事なテストになります。

悔いのないように準備をして欲しいと思います。

 

期末テストの準備としては、ワークをこなすのが王道だと思います。

これは、2週間前までに終わらせてほしいです。

2週間前から始めるのではないです。

2週間前に終わらせるのです。

理由は簡単です。2週間前から始めたのでは、

準備が間に合わないからです。

 

それでは、2週間前から始めたとして、どのようにテストの準備を

していくかを考えていきます。

1日平均2時間勉強すると、2週間で28時間の勉強時間が確保できます。

ここで考えてほしいのは、ワークを終わらせるのに、

どれだけ時間がかかるのかです。

もし、1教科3時間かかるのであれば、28時間のうち15時間を

ワークを終わらせることに費やさなければなりません。

残り13時間で、5科目のテスト勉強をすると、

1科目あたり3時間もありません。

さらには、期末テストは副教科もあります。

これでは、十分に準備をすることはできないのではないでしょうか。

 

従って、ワークを終わらせるのは2週間前までに行うのです。

この時に分からなかった問題や間違えてしまった問題は、

チェックをつけておくのです。

そして残りの2週間は、ワークの問題で、わからなかった問題、

間違えてしまった問題を再度復習する時間とすべきです。

このようにすれば、残り2週間で、何をどのようにするかも明確ですし、

副教科の準備にも時間を充てることができますよね。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

検定試験のススメ(高校生向け)

更新日:2020.10.27

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

 

検定試験のススメとして、中学生向けにお話ししましたので、

今回は高校生向けにお話ししたいと思います。

中学生向けの検定としては、英検、漢検、数検とありましたが、

高校生向けの検定は、英語に関する検定試験が最も有効です。

さらには、英検以外に英語の能力を計測する検定も多くあります。

 

赤塚駅前校でも、中学生、高校生あわせて、半分以上の生徒が

2学期に英検を受験しています。

英検の受験者増加には、学校の指導も大きいと思います。

学校が英検受験を進めている背景としては、

大学の独自入試でも外部検定試験を取り入れる

大学が増えてきていることが大きいと思います。

また、導入が見送られたものの成績提供システムにおける、

大学受験におけるスコア提出制度も近い将来始まってきます。

 

立教大学では、2020年度入試から、文学部の独自入試を除いて

英語の独自試験を行わないなど入試制度が大きく変わりました。

これにより、文学部以外の学部は、統一入試のみとなりました。

来年以降、他の大学でも同様の変更を行う大学が増加する可能性があります。

 

受験生にとっては、このような変化に対応しなくてはなりません。

立教大学の入試の場合は、英語は共通テスト、もしくは決められた外部検定試験の

スコアを入試の英語の点数に換算されます。

もちろん、共通テストを受験すれば、英語のスコアを出すことができますが、

やはり1発勝負は怖いものです。

事前にスコアを出すことのできる試験を受けて、スコアを確保したいところです。

 

英検はスコアを出すのに最も有名な試験になるので、

TOCOでも受験を推奨しています。

以前と違って、S-CBT試験ならば毎週試験を開催しています。

 

AO入試などの推薦入試を目指している学生も多いと思います。

推薦入試でも英検2級の合格を出願の条件にしている場合もあります。

このように、高校生にとっても検定試験を受験するメリットは大いにあります。

検定試験を受験することで、目標もできますので、勉強もしやすくなります。

もちろん検定試験に向けた勉強は、受験にとっても有効な勉強です。

高校生の皆さんにも、積極的に英検を受験してほしいと思います。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧