赤塚駅前塾ブログ | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

赤塚駅前塾ブログ

復習はその日のうちに

更新日:2019.7.13

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

学校や塾の授業を終えて、復習をしっかりできている生徒は、

あまり多くはないように思います。

塾では学校の授業より先に進めることが多いですので、

学校の授業が復習という生徒もいるのかもしれません。

しかし、その日のうちに復習することで、

定着率が大幅に変わってきます。

「エビングハウスの忘却曲線」という有名な、

忘れるまでの時間と記憶の関係を表した図があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/忘却曲線

1度勉強したことを1時間後には56%忘れ、

1日後には74%忘れるとされています。

時間が経てば忘れてしまうのは事実なのですが、

学習したことを定着されるための復習をすることで、

忘れてしまうことを防ぐことができます。

できれば、1時間以内に復習をすることが理想です。

 

復習をしたとしても忘れてしまうこともあるでしょう。

その時は改めて復習するしかありません。

その繰り返しをすることで、テストの時にきちんと

解答できるようになります。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

夏休みの過ごし方ー1学期の復習をしっかりしましょうー

更新日:2019.7.4

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

中学生の皆さんは、期末テストが終わり、
すでに夏休みの計画などを考えている方も多いと思います。

しかし、期末テストが返された次の授業から
2学期の中間テストの範囲の勉強が始まっています。
早い中学校では9月の中旬には中間テストというところも
あると思いますので、夏休みを除くと、
残された日数はあまりないことに気が付くと思います。

日数がないということは、授業の回数も少ないのです。
つまり、テスト範囲が狭くなるということです。
そのため1回1回の授業が重要になります。
きちんと授業の内容が理解できれば、
2学期の中間テストでは高得点を取りやすくなりますので、
よい結果がでるよう夏休みを有効に使いましょう!

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

テストの最後にすべきこと‐必ず見直しをしよう‐

更新日:2019.6.26

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

早い学校では期末テストが返されてきている学校もあります。
中でも数学の点数が大幅に上がった生徒が複数いて、本当に嬉しかったです。

しかしながら解答用紙を見て、非常に残念に思うことがあります。
それは、せっかく問題の解き方はわかっているのに、途中の計算を間違えてしまい、
結果的に答えが誤ってしまうといった場合です。
このような誤りは防ぐことができますので、
必ず見直しをする癖をつけてほしいと思います。

例えば、
・数学で方程式の答えが出たら、答えを元の式にあてはめて再度計算してみる。
・三角形の角度を求める問題ならば、内角の和が180度になるかを確認してみる。

英語ならば、
疑問文の最後に「?」ついているかな?
三単現のSついているかな?
時制(現在?過去?未来?)はあっているかな?
など、確認するとよいです。

国語や社会でも漢字を間違えていないかを確認するのも有効です。

1つ見つけたら2点アップです。
もし見直しで5科目で各1問ずつ見つけたならば、合計で10点アップしますよ。

 

お子さんの勉強でお困りのことがありましたら、
是非お電話ください。
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです
赤塚駅前校:
田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中
北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中
都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校
0120-88-5805(通話料無料・携帯可)
(東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

3の倍数について

更新日:2019.6.25

板橋区、練馬区で塾をお探しのみなさんへ。
こんにちは、個別指導学院TOCOの茂木です。

突然ですが、「146571」の約数は?と聞かれてすぐにわかりますでしょうか?

「各桁の数字を足して、3の倍数であれば、その数は3で割り切れる」を知っていれば
少なくとも3が約数になることはわかるでしょう。
(※1+4+6+5+7+1=24となり、24が3の倍数)
これは授業の際に何人かの生徒に教えていたのですが、
田柄中学の2年生のテストに出題されていました。

 

3(33a+3b)は3の倍数なので、後ろのa+b+cが3の倍数ならば
元の3桁の整数は3の倍数ということになりますね。

そして、a+b+cというのは各桁の数字の合計値になっていますよね。

他にも同じようなものを3つ紹介します。

1.各桁の数字を足して、9の倍数であれば、その数は9で割り切れる。
最初に紹介した3の倍数の派生ですね。
掛け算の9の段を思い出してください。
すべて各桁を足すと9の倍数ですよね。
もちろんこれらは、3の倍数でもあるので、3でも割り切れます。

2.下2桁の数字が4で割り切れればその数は4で割り切れる。
理由は、100が4で割り切れるので、abc00という数字は4で割り切れます。
よって、下2桁が4で割り切れれば、4で割り切れるということになります。

3.下3桁の数字が8で割り切れればその数は8で割り切れる。
理由は2番目に紹介した4で割り切れる数字と同じように、
1000が8で割り切れるからです。

もしかしたら来年のテストで出題されるかもしれません!

had to と should have p.p.

更新日:2018.5.31

昨日、高校3年生が理解していないことがありました。「had to 」と 「should have p.p. の違い」です。

「had to」は「~しなければならなかった」という意味。他方、「should have p.p.」は「~すべきだった」という意味ですね。

日本語にすると違わないようにみえますが、実際に「した」か「しなかった」かで意味が異なります。「had to」は義務に基づいて実際に「した」のに対して、「should have p.p.」は「やっとけばよかった」という表現で、実際に「してはいない」のです。

では、「must have p.p.」はどのような意味でしょうか。昨日はこれを宿題にしました。奥が深いですね~。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです。赤塚駅前校: 田柄中、赤塚一中、赤塚二中、赤塚三中、練馬東中 北町中、光が丘四中、八坂中、開進第三中 都立大泉付属中
TOCO赤塚駅前校 0120-88-5805(通話料無料・携帯可) (東京都練馬区田柄2-50-6)
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧