【中学2年生】テストへの挑み方②計算問題は単位をおさえる - 個別指導の学習塾TOCO東久留米市、江東区西大島、埼玉県和光市の塾・学習塾は個別指導学院TOCO

資料などのお問い合わせはフリーダイアルへ

0120-52-1159

受付:平日15:00〜22:00
(日・月・祝祭日を除く)

【中学2年生】テストへの挑み方②計算問題は単位をおさえる

2024.3.5

東久留米市、新座市で塾をお探しのみなさんへ。  

 

こんにちは、

個別指導学院TOCO東久留米校の茂木です。  

 

理科のテストの挑み方を書いて行きます。

今回は2回目。「計算問題は単位をおさえる」です。  

 

理科のテストでは、実験や観測の結果などについて

表やグラフにまとめられて、計算によって答えを導く問題があります。

そういった問題が苦手という人が多いように思います。

 

特に物理の分野において、計算問題が多いわけですけれども、

公式は単位までしっかりと覚えましょう。

そうすると、非常に覚えやすいし、間違いにくいです。

 

例をあげると「密度」の計算では、

「密度」は、密度=質量/体積で求められます。

密度の単位は、g/㎤なのですが、

この単位だけでも覚えておくと

gは重さだから、質量

㎤は体積の単位なので、

密度=質量/体積

であることが単位を見ただけでわかります。

 

中3で学習する「仕事」の計算では、

仕事(J)=力の大きさ(N)×移動距離(m)で求められます。

ここでも大切なのは単位です。

力の大きさは、N(ニュートン)という単位ですけれども、

Nは、100gの物体にかかる重力の大きさのことです。

つまり、300gの物体を移動させるには、3Nとなります。

もし、移動させる物体が2㎏であれば、20Nということになります。

 

また、移動距離の単位はmです。

問題では、30cm移動した、50cm移動したというように

あえて単位を変えて出題されますので、

しっかりと単位を覚えることが大切なのです。

 

 

お子様の学習のことでご相談がありましたら、

0120-52-1159(通話料無料・携帯可)までお電話ください。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

次の中学校のテスト対策に強いです

大門中、久留米中、東中、南中、中央中、西中、下里中

新座第六中、新座第五中、青嵐中、清瀬第五中、東村山第六中

都立大泉付属中、大泉中、大泉桜中

このほか、私立中学の定期試験対策にも定評があります

今すぐ、お電話を!

TOCO東久留米校 0120-52-1159(通話料無料・携帯可)

(東京都東久留米市東本町14-25-303)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 、

30

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

TOCO 東京・埼玉 教室一覧