英語の冠詞が大事な理由 | 東久留米、下赤塚、和光市・国立市 塾・個別指導はTOCO

  • お問合せ・資料請求

英語の冠詞が大事な理由

2018.7.23

東久留米市、新座市で塾をお探しのみなさんへ。

こんにちは、個別指導学院TOCO東久留米校の竹内です!

毎年、英語のテストが終わって回答が返ってくると、よくこんな声を聞きます。

「名詞の前にaをつけ忘れた。」

そして皆さんこう言います。

「ケアレスミスだ。」

確かにaの付け忘れはうっかり、ケアレスといった軽そうな間違いに見えます。

しかし、実はaがついているのといないのでは大きな違いがあります。

では冠詞の有無がどのような意味の違いを生み出すか、実際に確認してみましょう。

 

以下の2つの英文を見てください。

(1)I saw a chicken was walking in the garden.

(2) I saw chicken was walking in the garden.

 

(1)と(2)ではどのような違いがあると思いますか?

(1)は『私は1羽の鶏が庭を散歩しているのを見た。』という意味になり、何の変哲もない文章です。

大体英検4級レベルの生徒さん達なら、苦も無く訳せる内容ですね。

ところが(2)だと、衝撃的な光景を目の当たりにしたことになります。

(2)の意味は『私は鶏肉が庭を散歩しているのを見た。』という、ホラー染みたものです。

 

どうしてこのような意味の違いが出てきてしまうのでしょうか。

それは、冠詞のaはつけることによって『はっきりとした形を持つ1つの個体』を表すからです。

これがついていないと、他のものとの境界がはっきりしないもの、

全体の1部分、といったような意味になってしまいます。

ですから、(2)のchickenは、冠詞がついていないので鶏の1部分といった意味合いになり、

『鶏肉』というふうに解釈されるのです。

 

このように冠詞の有無は、意味を大きく左右させます。

有無による違いをきちんと理解して、点数アップにつなげましょう!

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
次の中学校のテスト対策に強いです

東久留米校:
大門中、久留米中、東中、南中、中央中、西中、下里中
新座六中、新座五中、青嵐中、清瀬五中、東村山第六中
都立大泉付属中、大泉中、大泉桜中

今すぐ、お電話を!

TOCO東久留米校
0120-52ー1159 (通話料無料・携帯可)

(東京都東久留米市東本町14-25-303)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

勉強は実は楽しい!あとは勉強法です。個別相談も随時受付中!

入塾で5,000円プレゼント!

0120-52-1159

無料体験授業はこちらから

TOCO 東京・埼玉 教室一覧